FC2ブログ

不思議

先日、ニイガタYM016局が1エリアに向かう際とお帰りになる際、10mFMにて交信。
運用地は八ヶ岳を完全に挟んだ反対側にある、長野県南佐久郡南牧村・・・鉄道日本最高地点のある野辺山(のべやま)だ。
ここは八ヶ岳という「壁」があるにもかかわらず、自宅から相性がよい。

 

 
先日はモービル移動中だったが、QSBを伴いながらピーク59+と強力。
あっ、アンテナとRigを聞くのを忘れてしまった(^_^;
こちらはTS-690+KG-9000(5/8λ動作のアストラルプレーン)で50W送信。
 
直線距離はたいしたことないが、間には2800mの壁がある。
どんな伝搬なんだろう?
 
ちなみに以前、他局と11mでも交信した事もある。(11mでは31~41だった。)
 
不思議だ・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

色々不思議な電搬が有るから面白くて辞められませんね(^^)b

No title

山を越える伝搬や山の横からすり抜ける伝搬があるんでしょうかね。電波に色をつけて見てみたいです。

No title

さがJP258局
確かに周波数やモードなどでも、いろいろな伝搬がありますから面白いですね。
この伝搬は10mならではなのかな? (^_^;

No title

アタックさん
ホントに、電波に色を付けてみたくなりますね(笑)
山をぐる~っと回り込んでいるのか、飛び越えているのか不思議です。
この場所は比較的交信しやすい地域なので、何かしらの伝搬ルートがあるのですが、実際に目で見てみたいです(^_^;